巡り会い

私は学生時代まで恋人がいたことがありませんでした。
恋愛に興味がなかったわけではなく、寧ろ常にほしいと思っていました。
それでもできなかったため、諦めかけていました。

 

しかし、社会人になったら恋人ができたのです。
その人は職場の先輩でした。
私は運命の赤い糸で引っ張られてここまで来たのだと思いました。
なぜなら、今まで色々な選択をして生きてきており、本来ならいるはずではない職場にいたからです。
具体的に言うと、大学受験の時と就職の時に、自分の希望とは違った大学に進んだり、会社に入社したりしたからです。

 

大学の時も会社の時も、結果的には自分に合った道だったと思えましたが、その当時はそうは思えません。
大学に入学した当初は辞めようかと思ったことも何度もありました。
それくらいの選択をしてきた結果出会ったのが、今の職場の先輩です。
今までの自分らしくない選択は、この人に出会うためだったのか…と思えば、全てに納得がいくのです。
これからも彼と幸せに過ごしていきたいです。